教会の歴史

1986年1月
母教会茗荷谷キリスト教会において「開拓伝道調査委員会」設置
東京都北区における開拓伝道の検討開始。翌1987年4月からの伝道開始を決定。
1987年4月
伝道開始(名称:東京北伝道所)
17名が母教会より派遣され、赤羽会館の一室を間借りし礼拝を守る。
1990年
伝道4年目に入るが新たな展望開けず。
翌1991年1月、母教会との合同役員会において「86年度の決定に基づく開拓伝道は終了する」こととなった。
1991年4月
再スタート
伝道メンバー12名と新たに参加した12名の計24名で再出発。
1991年7月
会堂を得る。
12.5坪の貸事務所を借り、はじめて固定した礼拝堂を持つ。
1992年
教会組織に向けての準備が始まる。
1994年4月
梶井牧師就任
1994年6月
現会堂に移転(会堂はこのビルの2階)
1995年6月
教会組織となる。
2001年4月
梶井義郎牧師辞任
2001年8月
田代敬牧師就任
2007年3月
田代敬牧師辞任
2007年4月
魯 孝錬牧師、細井 留美副牧師就任
2010年7月
野口哲哉協力牧師就任
2011年4月
村上千代協力牧師就任

page top ↑