ミッション・ステートメント

〜東京北キリスト教会の使命と役割〜

▽イエス・キリストを通して出会った神さまに喜ばれる礼拝をささげます

▽わたしたちが受けている恵みを分かちあっていきます。

▽子どもを愛し、受け入れ、ともに成長する教会になります。

▽地域に仕え、地域から聞く教会を目指します。

2012年5月27日制定

先週のメッセージ

「共に生きよ」

2018年5月27日

創世記7章1〜5節

 神さまはノアに、清い動物すべてと清くない動物すべてを箱舟に一緒に連れて行くように言われます。人間は、自分を基準に、良い生き物と害のある生き物を区別し、自分たちにとって良くないものを排除してしまいますが、神さまの言葉は、すべての被造物と共に生きる必要を示唆していると思います。

箱舟には、ノアが苦手とする生き物はじめ、様々な生き物がいて、ノアは彼らと共に生きねばなりませんでした。神さまは、「すべての命あるものを守る使命」を、ノアに委ねられたのです。

ノアが日々彼らに心を配り、世話をする姿を想像する時、天地創造物語の中で、神さまが人に言われた言葉、「海の魚、空の鳥、地の上を這う生き物をすべて支配せよ」(創世記1:28)の「支配せよ」とは、すべての生き物の命を守るために、人間に委ねられた働きであることを改めて思わされます。

ところが、人が自己中心的に生きた結果、自然は破壊され、強い者が弱い者を犠牲にし、世界は「神の前に堕落し、不法に満ち」(創世記6:11)ています。しかし、本来被造物は支え合って生きるように造られたのであり、神さまは私たちに「共に生きよ」と呼び掛けています。私たちは、ノアのように、すべての命に配慮しながら、共に生きる努力をしていかなければなりません。すべての命が尊重される社会の実現を目指して、教会から共に生きる共同体を形作っていくことができればと思います。〔細井留美〕

        

page top ↑

   

お知らせ

リンク

キリスト教関係の諸団体やボランティアなどのサイトへのリンクです。

キリスト教信仰に基づく様々な団体の活動にご理解、ご協力をいただければと思います。

お問い合わせ

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-15

03-3598-6077

bokushi@tokyokita.net