ミッション・ステートメント

〜東京北キリスト教会の使命と役割〜

▽イエス・キリストを通して出会った神さまに喜ばれる礼拝をささげます

▽わたしたちが受けている恵みを分かちあっていきます。

▽子どもを愛し、受け入れ、ともに成長する教会になります。

▽地域に仕え、地域から聞く教会を目指します。

2012年5月27日制定

先週のメッセージ

「子どもを愛するイエスさま」

2017年11月12日

マルコによる福音書10章13-16節

 イエスさまに触れていただくために、子どもたちを連れてきた人々を、弟子たちは叱ります。当時の価値観では、女・子どもは取るに足りない存在であり、イエスさまが煩わされないようにと考えたのかもしれません。

しかし、イエスさまはそのことに激しく憤ります。「子どもたちをわたしのところへ来るままにさせておきなさい。この社会で彼らがされているように、彼らの自由な行動を妨げてはならない。」なぜなら、「神の国はこのような者たちのものである」と。

「このような者たち」という言葉には、子どもだけでなく、子どもに代表される社会の中で存在価値を認められていない人々、女性や罪人のレッテルを貼られた人々も含まれているでしょう。「神の国は、このような者たちのものである」という言葉は、社会の中で弱くされている人たちに対する「神の国はあなたがたのものだ」という励ましである以上に、「あなたがたが立ち上がり、社会を変えていくことが起こされるのが神の国だ。だから、立ち上がり、社会を変えていきなさい」というイエスさまの促しかもしれません。

イエスさまは、子どもたちを両手で抱き上げ、両手を置いて祝福されます。子どもたちの痛みに全身全霊で向き合い、その存在を肯定されるイエスさまの行為は、社会の中で取るに足りない存在とされてきた子どもたちや子どもたちを連れてきた女性たちにとって、大きな力となったでしょう。〔副牧師 細井 留美〕

        

page top ↑

   

リンク

キリスト教関係の諸団体やボランティアなどのサイトへのリンクです。

キリスト教信仰に基づく様々な団体の活動にご理解、ご協力をいただければと思います。

お問い合わせ

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-15

03-3598-6077

bokushi@tokyokita.net