ミッション・ステートメント

〜東京北キリスト教会の使命と役割〜

▽イエス・キリストを通して出会った神さまに喜ばれる礼拝をささげます

▽わたしたちが受けている恵みを分かちあっていきます。

▽子どもを愛し、受け入れ、ともに成長する教会になります。

▽地域に仕え、地域から聞く教会を目指します。

2012年5月27日制定

先週のメッセージ

「神の導き」

2017年10月15日

出エジプト3章1−8節

 エジプトの王様はイスラエルの人々の数を恐れるあまり、生まれる男子を殺すようにと命じます。モーセもナイル川に捨てられたところ、王女に拾われて王宮で育てられました。40歳の時、彼は同胞を苦しめるエジプト人を打ち殺してミディアン地方に逃げ、それから40年間羊飼いとして過ごしてきました。ヘブライ人でもなく、エジプト人でもなく、ミディアン人でもない、痛みを抱えていたでしょう。

 

神さまは燃え尽きない柴の中からモーセに語りかけられます。神さまは「履物を脱ぎなさい」とすべてをご自分に委ねるように迫ってきました。その神さまはイスラエルの人々の苦しみを見、叫びを聞き、痛みを知っておられたお方です。この出会いを機に、モーセは自分の人生を再発見したでしょう。王子と羊飼いとの経験がこれから、ファラオとの交渉と荒野での旅にどれほど貴重に用いられたのかを考えると驚きです。

 

10月3日神戸で日韓・在日連帯特別委員会は劇団「石(ドル)」のきむぎかんさんの一人芝居『在日バイタルチェック』を催しました。笑いと涙たっぷりの「在日」の歴史に思いをはせる貴重な時間でした。特に印象深かったのは、同じ在日3世の中で朝鮮学校で育った者と日本の公教育を受けた者との間に深い分断がある現実を知らされたことです。まさにこの芝居が両者の在日3世たちが互いの痛みに向き合う中で生まれた背景に深いを感動を覚えました。人の痛みは神さまの導きによってきっと人を励ます配慮へと変えられることを信じます。〔牧師 魯孝錬〕

        

page top ↑

   

リンク

キリスト教関係の諸団体やボランティアなどのサイトへのリンクです。

キリスト教信仰に基づく様々な団体の活動にご理解、ご協力をいただければと思います。

お問い合わせ

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-15

03-3598-6077

bokushi@tokyokita.net