ミッション・ステートメント

〜東京北キリスト教会の使命と役割〜

▽イエス・キリストを通して出会った神さまに喜ばれる礼拝をささげます

▽わたしたちが受けている恵みを分かちあっていきます。

▽子どもを愛し、受け入れ、ともに成長する教会になります。

▽地域に仕え、地域から聞く教会を目指します。

2012年5月27日制定

先週のメッセージ

「周辺に立ち続ける」

2017年12月03日

ヨシュア記2章1-15節

 今日の聖書箇所はラハブという遊女の決断で彼女の一家が死から救われる話です。これはカナンの先住民の中で周辺に追いやられた人々と、定着地を求めてエリコの周辺を探る人々との連帯の話かも知れません。

            

 ラハブは町を囲っている城壁に住んでいます。一番先に敵の攻撃のターゲットになる場所です。彼女は社会の底辺であらゆる差別と蔑視を受け、転々としたあげく、死と隣り合わせのこの城壁に来ていたのかも知れません。正当な保護・保障からまったくはずされたされた存在です。

 ラハブの行動は意味深長です。女性を半人前と思い込み、そして家父長的な価値観の下で聖書を解釈してきた抑圧に抗い、「女性」として命がけで家族の救いを、人の上に人の支配を認めないヤハウェの神に求めています。抑圧に苦しんでいたからこそ、イスラエルの人々をエジプトの抑圧から救い出された神に魅かれていたのかも知れません。

 教会はラハブように痛みを持って周辺に立ち続けるものでありたいと願います。周辺に立って見えてくる「中心」の過ちに否を唱え、小さくされ弱くされている人々と共に生きていくことができればと思います。民族や、性別、文化、年齢などの互いの相違を超える連帯の連鎖を喜ぶ群れでありたいと切に祈ります。〔牧師 魯孝錬〕

        

page top ↑

   

リンク

キリスト教関係の諸団体やボランティアなどのサイトへのリンクです。

キリスト教信仰に基づく様々な団体の活動にご理解、ご協力をいただければと思います。

お問い合わせ

〒115-0045 東京都北区赤羽2-64-15

03-3598-6077

bokushi@tokyokita.net